定期的ながん検診が必要

検診と健診どちらが正しいのかわからないという人も多いでしょう。
検診というのは、がん検診を代表される特定の病気を見つけるための検査になります。

一方健診というのは、健康診断が代表されるように体を全体的に見てどこか悪いところがないかを把握する検査になります。

どちらも健康を維持するには欠かせない検査ですので、定期的に受けることが推奨されています。

特にがん検診は1年に1回受けた方が良いとされる検査になります。



日本人が罹患しやすいと言われている、胃がん大腸がん肺がん子宮がん乳がんは特に推奨されている検診になっていますので定期的に受けるようにしましょう。
1年に1回は検診を受けた方が良いとされていますが、子宮がんや乳がんは2年に1回受けてほしい検査となっています。
どんながん検診を受ければいいのかわからないという人も多いですが、特に注意してほしい臓器がありますので、それを集中してうけることがおすすめです。

地域別がん検診リストの最新情報公開中です。

また他の臓器に着目しないでその臓器が罹患してしまうと本末転倒ですので、定期的な健康診断も欠かせないでしょう。



また受けるべき検診というのは、人によっても変わってきます。

たとえば親族にがんを罹患した人がいるのであれば、その臓器を見てもらう方が良いですし、生活習慣にも受ける健診の内容に影響を与えます。

特にお酒をよく飲む人やたばこをよく吸う人は、影響を与える臓器を中心的にがん検診を受けると良いでしょう。


人それぞれに受けてほしいがん検診があることになります。